エイプリルカフェ専任講師であり、現役の社会保険労務士である坪義生講師が、
社労士試験に合格するコツを公開。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
労働力調査の結果を見る際のポイント
JUGEMテーマ:社会保険労務士


昨日、総務省統計局のウェブサイトに「労働力調査の結果を見る際のポイント No.16」がアップされました。http://www.stat.go.jp/data/roudou/pdf/point16.pdf



「非正規の約7割は女性が占める」というタイトルが付いています。



「4.正規・非正規の割合は、男女別や年齢階級別で、著しい違いがある」は熟読しておいてください。



●女性の場合
○正規労働者
20〜24歳では5割を超えている。
35〜39歳になると3割を切る。
○非正規労働者
35〜39歳以降3割を超えて上昇していく。



●男性の場合
○非正規労働者
20〜24歳では2割に達する。
60〜64歳で2割超と突出している。



「雇用者における雇用形態を分析する際には、男女・年齢階級別に著しく違う状況があることに注意していくことが今後とも必要です。」と締めくくっています。




 

- / comments(0) / trackbacks(0)
平成24年労働力調査
JUGEMテーマ:社会保険労務士

2月1日に、平成24年の労働力調査の結果が公表されました。


「要約」は以下の通りです。


○完全失業率は4.3%と,前年に比べ0.3ポイント低下
○完全失業者は285万人と,前年に比べ17万人減少
○就業者は6270万人と,前年に比べ19万人減少
○就業率は56.5%と,前年と同率
○非労働力人口は4540万人と,前年に比べ23万人増加


こうした統計では、数値よりも動向をとらえておくことが大切です。


総務省のウェブサイトで「概要」をご覧ください。http://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/nen/ft/index.htm
 

- / comments(0) / trackbacks(0)
労務管理研修
JUGEMテーマ:社会保険労務士

昨日は、一日、自治体の管理職研修で講師を担当しました。
開始は朝9時からですが、自宅から2時間以上かかるんですね。


通常でも6時頃には自宅を出なければなりません。


そして、あの雪の予報です。


研修は4日間となっていて、第2日目がすべて私の担当する「労務管理」なので、責任は重大です。


予報が外れる可能性もありましたが、迷わず、前泊することにして、ネットで研修会場近くのホテルを予約しました。


5日の夕方、自宅を出て夜9時にホテルにチェック・イン。
素泊まりなので、その前にコンビニで、ビール(大1)、酎ハイ(大1、小1)、日本酒と、おつまみを買い込みました。


そして、12時頃まで、テレビを見ながら、ひとり楽しく飲んでいました。
もともと、ひとり酒が大好きなうえ、家では家内が下戸で先に寝てしまうので普段と変わりません。


朝5時に起床して窓の外を見ると、雪など降っていません。


でも、むしろ快適でよかったんですよ。


お風呂に入りながら、レジュメで講義内容を確認していたのですが、
ゆっくり1時間以上入っていても、時間的にまだまだ余裕があります。


研修担当の方にはホテルから会場まで送迎していただきました。


講義の方は、労務管理全般にわたる内容です。


地方公務員の場合、労働法の適用が民間企業の労働者と異なります。


正規職員でも非現業の一般職は地方公務員法、現業職員は労働基準法が適用されます。
監督機関は労働基準法の適用対象者については労働基準監督署ですが、非現業職員の場合は人事委員会(公平委員会)となります。


さらに複雑なのは非正規職員なんですね。


とにかく種類が多いことに驚きます。地方公務員法が適用される場合、労働基準法が適用される場合の双方があります。服務規律については、条例・規則が適用される職員と就業規則が適用される職員がいるわけです。


実際の職場では外部から見れば、まったく区別がつかないのではないでしょうか。


管理職もこうしたことを把握しておかねばなりません。


最近、地方公務員制度改革がさかんに叫ばれ、賃金の引き下げのみならず、民間の労務管理の手法を導入する動きが出ています。


採用制度、資格制度、評価制度など多様に及んでいますが、中には360度評価など、民間でも効果についてリスクが大きい制度の導入を検討する自治体もあります。


民間の労働者の就労環境との違いは、まだまだ大きいとは言え、なくなってきていることは間違いないと思います。


 

- / comments(0) / trackbacks(0)
研修講師
JUGEMテーマ:社会保険労務士

来週、某自治体の管理職研修の講師をすることになっています。


まる一日かけて労務管理について講義するのですが、民間企業と地方自治体とはいろいろと異なります。


地方公務員法が適用される職員もいれば、労働基準法が適用される職員もいるほか、労働基本権のうち、団結権がないなど。


何より、民間企業では利益の向上が経済体としての目的であるのに対し、地方自治体は市民サービスの向上が目的となります。


自ずとモノ、カネと並んで経営資源の一つであるヒトについての労務管理も同じではないと言えるでしょう。


とはいえ、公務員改革の中では組織運営の効率化がうたわれ、民間企業における合理的な管理手法も不可欠になってきています。


昨日、レジュメを作成し、研修を担当する方にメールでお送りしました。


研修の講師も社労士の重要な業務なんですね。
今回は労務管理全般ですが、これまで安全衛生法関係、労災保険法関係、求人・採用関係、人事考課関係、人事情報システム関係など、様々な分野で研修講師をしています。
 

- / comments(0) / trackbacks(0)
風邪予防にスパイス
JUGEMテーマ:社会保険労務士


風邪が流行っています。
大学でも風邪をひいている学生が多く、私も先週の賀詞交歓会のあと、体調を崩してしまいました。



ところで、風邪の予防には体を冷やさないことがよいとか。
私はテレビでは、報道番組をよく見ますが、それと同じくらい料理番組を見ています。



この冬の料理番組で気づいたのは、カレーなどスパイスを使用した料理がよく取り上げられていることです。



カレーと言えば、これまでは夏バテ防止ということで夏の料理番組の定番でした。
新しい傾向なんでしょうね。



先日の日曜日、カレーうどんを作りました。いつもはカレーのルーを用いるのですが、お蕎麦屋さん風のカレー粉を使用したものです。こんな感じです。



●材料(2人前)
うどん(2玉)、鶏もも肉(2分の1枚を適当な大きさにカット)、油揚げ(1枚を8当分に柵切り)、ネギ(適量を斜め切りと、白髪切り)、お酒(大さじ2分の1)、みりん(大さじ2分の1)、カレー粉(大さじ1)、片栗粉(大さじ2)、液体のだしつゆ(使用するメーカーの指示通りでかけそば2人分)、水(500cc)



●作り方
1.鶏もも肉と油揚げは湯通しする。
2.鍋,某紊鯑れてお湯が湧いたら、鶏もも肉、斜め切りしたネギ、油揚げ、お酒、みりんを加え、15分程度煮る。その間に鍋△砲Δ匹鵑鱶Г任襪湯を沸かしておく。
3.カレー粉と片栗粉をよく混ぜて100ccの水でよく溶いておく。
4.鍋,鳳嫗里里世靴弔罎魏辰┐篤訐んだところで、3を少しずつ鍋をかき回しながらダマにならないように回し入れる。
5.鍋△砲Δ匹鵑鯑れて指定の時間茹で、茹で上がったら丼に取り分ける。
6.鍋,僚舛閥颪鯰Г里Δ匹鵑砲け、白髪ネギをのせて出来上がり。



風邪予防以外にも効果があります。
カレー粉に含まれる辛味スパイスのレッドペッパーは、カプサイシンが含まれており、脳の血流を増やします。勉強の前に食すと頭が冴え渡るでしょう。




 

- / comments(0) / trackbacks(0)